本物の持つチカラ

こんにちわ~~
ブランデイングデザイナー&デイレクターの高橋珠美です。

 

今日は「本物の持つチカラ」について

 

本物は、何時の時代になっても常に新しさを感じる輝きを放っているの
だと、毎度のコトながら感じるエピソードがありました。

branding12

先日、お会いしたある方が、
簡単に「パクればいいんですよ~~」と仰ったんです。

 

この一言で、私はこの方のお仕事は、お断りしました。

 

デザインの業務、特に会社のブランドマーク等のデザインをしている
と、常に商標登録やら意匠登録という権利や、肖像権という権利問題は
避けて通れない所にいます。
*商標登録、意匠登録、肖像権の詳細は、また後ほど書きます。

 

自分の創った物が世の中に出た時に、色々な評価を受けますが、
一番やっかいなのが、上記の権利問題です。

 

昨年、中国でも「iPad」の権利問題でアップルと訴訟になりましたが
同じ事が起こる可能性があるからです。

branding13

ネットの検索で、世界中の情報が簡単に手にはいる昨今です。
コピーするのも簡単だし、パクるのも簡単~~!

 

でも、誰かの作ったものが、すぐ誰かのコピーだと解ったとたん
本当に薄っぺらく感じるのは、どなたもご一緒だと思うのですよ!

 

前記の方も、その世界では名のある方。
でも~~やっぱり色々な振る舞いに、誰かのコピーをしているコトが
伺い知れてもったいないな~~~と。

 

誰かのマネは、すぐできますし、
確かに成長の過程では、一時期あるコトだと思いますが、

 

コピーだけでは無くて、いずれ自分独自の何かを掴む努力をなさると
本当のオリジナルと呼ばれるようになるのではないでしょうか~~?

 

写真は、オリジナルのブランドマークを創るために、
先週末の連休で読んだ本です。

 

1900年代初頭の
「アールヌーボーとアールデコ、ヴォーグ誌」の資料。

 

これらは、若い頃から買い集めていた物、古本屋で見つけた物等
ネットでは、アイテムだけ画像で出ていても、
本丸ごとの情報はありません。

 

このデザインの源泉の資料を、読みくだし(見てコピーする事では無く)
新たなイメージを組み立てていき、
オリジナルのデザインを創っていくのが、デザイナーの仕事なのです。

 

オリジナルとは
「コピー」でも「作る」のでも無く、「創る」事です。

 

そして、このコラムの最初にのっているファッション画のように
「本物は、何時の時代になっても
常に新しさを感じる輝きを放っている」のですよ。

 

このファッション画は、1940年代に書かれたものですが、
今でもインパクトや輝きは薄れてないですよネ~~~。