オンライン動画講座開設の5つのポイント(改訂版)

オンライン動画講座をインターネットで配信することには、講座を開設する人にも、そして講座を受講する人にとっても、

  • 時と場所を選ばずに講座を提供できる、
  • 受講期間を自由に設定できる、

など、いくつかのメリットがあります。

特に遠方にお客様を持っておられる方に正しいノウハウをお届けしなくてはならない方にとって、ご自分のノウハウを動画コンテンツ化し、いつでもその情報にアクセスできるようにしておくことは、ご自分のビジネスのエリアを拡大する上でも、強力な味方となります。

最近では、数多くの社員を抱える企業でも、社員の方に均一のノウハウを浸透させるために、オンライン動画講座を導入される事例も増えています。

 

オンライン動画講座を開設する上での5つのポイント

「自分の知っている」を講座という形に作り上げることは、簡単そうに見えますが、実際には中々一筋縄では参りません。

また、教えたい内容は明確なのだけれど、どの程度のパソコンを扱うスキルが必要なのか?講座の進行はどのような感じで進んで行くのか?などについて、本講座0期生で書道家の林拓鶯先生に講座の内容を語って頂きました。

 

ポイント1 既存のビジネスの棚卸をする

これまでにビジネスの経験をお持ちの方であれば、それはリアルな経験をどのようにオンライン動画のコンテンツとして落とし込めば良いのか?ということです。

そのためには、まず最初に慣れ親しんだこれまでのご自分のビジネスを詳細に紙に書き出すという、「ビジネスの棚卸をして頂くこと」を最初の課題としております。

また、これからビジネスを始める方には、今考えているビジネスを漠然としたイメージのままにせず、そのイメージを詳細に渡って書き出すことを行います。

 

ポイント2 顧客ターゲットを設定する

ご自分の知っていることが、誰のために役に立つのか?どんな悩みを持っている人に知って頂きたいのか?を改めて考えて頂きます。

ポイント1で作成したビジネスの棚卸を元に、具体的な人物像(ペルソナ)を作成し、ターゲットの考え方、ライフスタイル、時間の使い方などまで詳細に渡って書き出します。

 

ポイント3 ブランディング化と講座をどう見せるのか?

これまでのプロセスによって、曖昧だった講座の構成がかなり具体化してきます。

ここでは、自分目線から受講生目線へと視点の移動をして頂き、自分の伝えたいことがどのように見られるのかをシミュレーションします。

ここでは講座の詳細を煮詰めるために、ビジネスの隅々までを「言語化」する作業に入ります。

どのようなメッセージをターゲットに「刺さる」メッセージとし、自分のブランド・ストーリーを作った上で、どのようなビジュアルを組み合わせると、より伝達力が増すのかを考えて頂きます。

 

ポイント4 撮影と編集のスキル&プラットフォームの設定

この段階では、実際にパソコンを操作しながらの作業に入ります。

これまで全くPCを触ったこともない受講生さんもいらっしゃいましたが、3ヶ月という短期集中講座で見事に動画を作られています。

逆に短期集中であるが故に、マスターできるのではないか、と過去の受講生も述べておられます。

技術よりも伝わる動画!を主眼にし、また難しいと思われる技術もステップに分解して教材も構成されているので、ほとんどの方がマスターできます。

そして最大のポイントは、動画コンテンツをどのプラットフォームにストックするのか。ホームページ上にストックしておくには動画コンテンツ1本の容量が重いのと、通常ホームページに活用するソフトとしてWordpres というソフトがありますが、経験者としてはオススメはしません。

そうなると、動画コンテンツ用のプラットフォームが必要で日本のものですと帯に短し襷に流し、という現状で有料の場合は特にコストに見合う機能が揃っていない状況です。

やはりオンライン動画講座の先進国であるアメリカの有料プラットフォームに機能性が高いものが揃っており、初心者向け、上級者向けと3種類ほどオススメのプラットフォームがあります。

ただし全て英語での操作ですが、慣れると直感的に使えるものばかりですので詳細に関しましては、後ほどご紹介していますFacebookグループ「オンラインビジネス研究会(プライベートグループ)」で、お話ししていますのでご興味のある方は、そちらに参加希望の申請をお願いします。
(先に私とお友達であれば、どなたでのご参加できます)

 

ポイント5 マーケティングとオンライン動画講座の販売、 Live配信のための操作や種類について

オンライン動画講座を販売するためには、露出というアクションが絶対的に必要で、そのための手段としては、2020年の現在ではSNSでのLive配信や、グループ機能などからの誘導、または「新ピンタレスト戦術」を基軸にマーケティングの構成など。

もちろんピンタレストだけではなく、フェイスブックやツィッターなどSNSも同時に駆使し、最終的に検索エンジンからのアクセスを増やすことを狙いとしています。

そして、そこから誘導する公式LINEアカウントやメルマガなどの「ダイレクトレスポンス」などで「教育」していきながら地道に販売することがスタンダードな手法です。

簡単に言えば、知名度がなければ売れるものも売れませんし、さらにはあなたの講座を受講して、爆発的にヒットする現象もしくは爆発的にブームする受講生が現れないと「口コミ」は、発生しません。

逆に言えば、成果が出ると「口コミ」だけで売れていくのはリアルビジネスでも言えることなのです。

 

2017年2月〜2018年5月までシアトル在住のカスター麻理さんと共催して
「ウーマンプレナ」というグループで『オンライン動画講座の開設のしかた』のオンライン動画講座を開講していました。
その時のライブ配信の模様です。

現在は「ストーリー・ブランディング戦略」オンライン動画講座にて、こちらの内容に関しては履修メニューとなっています。



ニュースレター登録

セミナーのご案内、オンライン講座の開講などのお知らせはニュースレター先行で行っています。
ご登録の方には 「成功する起業家が持っている24の資質 vol.1」、「ブランディングの基礎と定義 + ブランディングの手順 ワークシートPDF」 、「あなたのビジネスは成熟していますか?チェックリスト」を無料プレゼント。

(2018年2月に配信、2021年1月に加筆修正済み)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP