売れる仕組みづくり

こんばんわ〜!
ブランディングコンサルタントの髙橋珠美です〜(^o^)

ネットやSNS上でのキーワードは
”売れる” ”お金の集まるキャッチコピー” ”刺さるコピー” 
かなり直接的な表現が多くなってきました・・・

販売する為のセールスコピーは大事なファイクターですし
販売サイトのランディングページにおけるキャッチコピーを巡って「セールスライター」と呼ばれる職業まで排出する時代です

果たして・・・キャッチコピーだけで売り上げが上がるのか?

貴方はどう思われますか?

私は・・答えは・・・NO!だと実感しています! 


その理由としては・・・売り上げに繋がるアクションとしては、下記の要素が必要になってきます。


・魅せ方(ホームページ、SNS上での貴方のプロとしてのイメージができているもの)・紹介サイトまで誘導する告知動線(Youtubu動画、Facebook動画、ブログ、 Facebook、LINE、twitter等)

・適正価格の製品(サービスでも、物販でも可) 

・製品を紹介するサイト(ホームページ、ブログ、ランディングページ等) 

・決済ページ(クレジットカード、現金などの手続きのページ) 


スタンダードには最低でも、この要素が必要です。



この要素の中のキーとなるのが、キャッチコピーであり、刺さるコピーさらにもっと先(貴方のサービスが何なのか購入したいと思ってもらうこと)に進む動機づけの要素です。


この動機付を検討する前に・・・ 


今日のテーマの”売れる仕組み作り”
どんなものなのかお話しいたしましょう!


下記の図をご覧ください貴方は”顧客動線”というのをご存知ですか?

”顧客動線” とは、貴方をネット・SNS上から、貴方の本命商品に 
到達していただく為の見込み客の道筋のことです。


この”顧客動線”をしっかり創り貴方の本命商品にたどり着いていただく為のもの言わばネット戦略の設計図のようなものなのです。 



この”顧客動線” 創りができているかどうか機能しているかどうか・・・


ここに”継続的に売れる”最大の秘密がありますし継続的な収入を得る為のヒントが隠されているのです。 



この動線を進んでいただく道案内役が 



刺さるキャッチコピーであり最終的に購買に繋がるコピーライティング力と忘れてはいけないグラフィック的な要素(ビジュアルコンテンツ)があるのです!


この”顧客動線”を少しだけ説明すると・・・ 



この三角形の上の辺が小さければ・・自ずと告知の量も減りますし、本命商品に到達する人数も減ります。 



三角形の上の辺が大きければ・・・本命商品に到達する人数も多くなりますよね・・・ 


だから、ここの顧客動線の設計をしっかりやりながら底辺の大きさを自由に変えることで 
売り上げを自由にコントロールすることもできるのですよ・・・ 

『ストーリー・ブランディング戦略』
『成功する起業家が持っている24の資質』というテーマで
大反響で配信中です。

ご興味のある方は、こちらからご登録をお願いします。
 ▼ ▼ ▼
https://tamamitakahashi.com/magrg/