あなたの『夢』を実現させる「ビジネス設計図を創るには◯◯が必要」です

世の中に数多くあるマーケティングの講座というものは
「いかに売るか・どう販売するか・そのための告知の仕方」
が主流を占めているかと思います。

ですが・・・
「いかに売るか・・」だけですと、本末転倒になりかねない要素も多々あるのです。

そうならないための、ブランディングの後に行うべきアクションとしては、あなたの『ビジネスの設計図創り』が重要になります。

今回はそのあたりのお話をしていきたいと思います。

SNS発信の前に必要なのは「ビジネス設計図」
(この図は、私の提唱するブランディングでの核となるものです。Tamami Takahashi©️)

さて上記の図の黄色の部分ですが・・・ここは、通常のマーケティングのエリアです。

この部分の発信の方法に
「いかに売るか・どう販売するか・そのための告知の仕方」
が入ってきます。

媒体としては各種SNS、ホームページは必須、最近のブームではYouTubeなども筆頭にあげられるかと思います。

現に私の受講生に、半年で固定テーマによる1本の動画が9000回の再生回数から、53万アクセスまで伸び、サイトの登録者が100人未満から1500人以上に伸びた方もいらっしゃいます。

YouTubeを使ったマーケティングという意味では、成功した事例と言えるでしょう。

ですが・・・数字の上昇だけに注目してはいけません。

ここで重要なのは

  • この動画から「あなたが販売したい商品やサービス」に誘導できているかどうか?
  • 自社ホームページに誘導し、あなたのビジネスに直結しているかどうか?

です。

本当に大切なのはここの部分なのです。

このような各媒体での閲覧数や登録者数の増加による効果を最大限に活かすためには、一番初めに「ビジネス設計図」を描いておくことが大切になってきます。

それがあれば、迷わずブレずに最終ゴールまでたどり着けるのです。

HAVE(持ちたいもの・なりたい状況)の達成は意外に難しい

その設計図の創り方です。

人間は
BE(存在の状態)
DO(行動)
HAVE(持ちたいもの・なりたい状況)
という3つの衝動がありますよね。

この中のHAVE(持ちたいもの・なりたい状況)というのが、まさしく皆さんが描く『夢』であったり、『願望』であったりします。

時として自身がとんでもないと思うような『妄想』も入って来るでしょう。

まずここを描けるか?が重要になってきます。

夢の達成の仕方として、潜在意識に刷り込んだりコントロールしたりビジュアルとしてボードなどを作ったり・・とここのアクションを講座やセミナー、本などで啓蒙なさっている方はたくさんいらっしゃいます。

もちろん、そのやり方は正しいですし、私のオンライン講座でも、これらのやり方は課題の中に入っています。

ですが・・・

このやり方だけですと、達成までの間に寄り道をしたり、迷ったり、混乱したりということが、多々起こります。

理由は簡単です。

人の『脳』は日常的に、必要と思われる情報を無意識のうちに選り分けて、選んでいるつもりではあるのですが、実は、障害や不必要なものもたくさん小脇に抱えて選んでしまっている場合があるからなんです。

『脳』はゲームが大好きですから、シンプルに目標まで行けば良いものをついつい寄り道しちゃうんですね。

無意識に、障害を自ら作ったりもしちゃうんです〜〜笑

『夢』の達成に必要な「ビジネス設計図」

ここで大事になってくるのは、HAVE(持ちたいもの・なりたい状況) から最速で繋がるDO(行動)のプランをどう創るか?なのです。

DO(行動)を作る前に、まずあなたのビジネスにおける『方針』 を立てることが必要です。

『方針』は、あなたのビジネスにおいて無駄なアクション(行動)や寄り道を防ぐ効果もあるもので、あなたのビジネスをブームさせ、他のライバルとの差別化にも役に立つものになります。

『方針』が決まったなら、DO(行動)プランに入りますが、まず決めるのが『戦略計画』です。

『戦略計画』が無いとDO(行動)は、目先のものばかりになりがちです。

そうすると、日々のタスクや緊急な行動、必要だと思われるけど実はそんなに必要ではない行動に追われることとなり、忙しいだけで目標にはほど遠い・・そんなことにもなりがちです。

例えばですが。

私の受講生で経営者としての資質もあり、売り上げも年々伸びているし、売り上げを上げるためのアイデアも豊富な方がいらっしゃいます。

なのに、長年描いている『夢』にはちょっと遠かったんですね。

理由は簡単で、アイデアマンであるがゆえに、細かいアイデア、身近なアイデアは豊富に浮かぶものの、『夢』の達成までの道のりが解らなかったからなんですね。

ところが、その方に『夢』の達成までに必要な道のり「ビジネス設計図」
創り方をお教えしたところ・・・

これまでの、素晴らしいけれどあちこちにとっ散らかっていたアイデアが、一つの意図の元にまとまることで、無駄の無いDO(行動)プランまでを創ることに成功しました。

その結果、現在では目標=HAVE(持ちたいもの・なりたい状況)に向けて邁進していらっしゃいます。

おそらく彼女の『夢』の達成はほどなく実現されるでしょう。

まずはBE(存在の状態)を確定し、ゆるぎないものにしましょう

BE(存在の状態)DO(行動)HAVE(持ちたいもの・なりたい状況
の3つの衝動を素早く連動させるためにも

まずはあなたが、BE(存在の状態)= 何者なのか を確定すること、そして、それを揺るぎないものにすることはとても大切です。

HAVE(持ちたいもの・なりたい状況)の達成までには、どうしても少し時間がかかります。

ですので、ブランディングのコアをしっかりブレさずにいる事が、あなたを成功まで導いてくれる「ビジネス設計図」を創る上では、最初のアクションであり、もっとも大切なことであることだけは、もう一度お伝えしておきますね。

セミナーのご案内、オンライン講座の開講などのお知らせはニュースレター先行で行っています。
ご登録の方には 「成功する起業家が持っている24の資質 vol.1」、「ブランディングの基礎と定義 + ブランディングの手順 ワークシートPDF」 、「あなたのビジネスは成熟していますか?チェックリスト」、「女性起業家が陥りやすい罠と成功の秘訣 動画」を無料プレゼント。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP