建築家 槇 文彦氏 のスケッチ

こんにちわ~~
ブランデイングデザイナー&デイレクターの髙橋珠美です。

一昨年青山スパイラルビルで行われた 建築家の 槇 文彦氏の
展示・講演会でのスケッチです。
design2design3

青山のスパイラルビルを設計なさった時の、どうやら```
コンセプトボードらしい?
(概念的には理解できるのですが~~)

でも、建築家の発想の引き出しが垣間見えます。

外観の大ラフのスケッチと合わせてみると、このコンセプトボードが
人の導線も合わせて表現していると、理解できます。
外観のデザインと整合性がありますよね。

しかし、何時も感服するのは、
建築家の方は、こういった手書きのスケッチが、
じびれるほど巧い方が多いのです。

これも、右脳の発達のせいかもしれません、、、。

人の脳には、左脳と右脳があることは、ご存知でしょう。
一般的に「左脳」は話す、書く、聞くなどを判断し、
数字の計算や論理的に考えたりする役割を担います。

そして、「右脳」は、ものごとを直感的にとらえると
言われていて、図形認知、音楽、ひらめきや発想する能力と
関係がある芸術脳(絵を描く脳)と言われています。

このように「描く」ということは、
右脳の働きが大きく影響しているため、

右脳の視覚的な感覚思考を刺激することが、
イメージ力、想像力やひらめきを生む力となり、
絵を描く力がアップする事につながります。

しかし、残念な事に、現代社会では、理論的、暗記、計算など、
意識しなくても、左脳を発達させる事は山ほどありますが、
右脳を活性化させる事はあまりありません。

今までのイメージから脱却なさりたい方、
新しい発想やイメージをつくりたい方は、
意識して右脳を活性化させてみませんか~?

それには、手を動かし、”絵”を描く事を、が早道なのですよ~。