ウインドウデイスプレイにも法則がある

こんにちわ~~
ブランデイングデザイナー&デイレクターの高橋珠美です。

装飾テクニック

銀座通り、今年の春のウインドウデイスプレイから~
このウインドウを見かけたのが、2月10日。

おそらく新春のデイスプレイからこのデザインに切り替えたのが
1月後半~2月上旬だったはず。

並びのミキモトや和光のウインドウ、道路を挟んで松屋、
三越のウインドウもまだ”冬”景色。

そんな中~~いち早く”春”をとり入れたタイミングに勝負あり~!でした。
季節の先取りは、販促には常套手段。

テクニック的にも、ガラス貼りの店頭に商品を飾るスペースは無い。
奥行き40~50cm位、おのずとガラス面を使った装飾が主流になる。

そこへ、透明クリスタルビーズの間仕切りを使い、店内への抜け感を
完全に残しつつ、天井ライトでキラキラ感を演出し~~~そこへ

造花を着ける事で、華やかに可愛らしく”春”を演出~~!

やられました~~!