ファッションブランド編・プリーツ工房OGAWA

こんにちわ~~!
ブランデイングデザイナー&デイレクターの高橋珠美です。

今日は昨年、ブランデイングデザインの第1期が修了した
実例から、開発のストーリーを書きます。

branding14

4月の中旬

小川プリーツ工房様(ご了解を得て、記事にしています)
から、最初にご依頼頂いたのは、現ホームページ(販売ページ)の
リニューアルでした。

ホームページを拝見した所、幾つかの問題が見つかりました。

1)販売サイトでありながら、自社の歴史や、職人としての
歴史、店長日記等の記事が満載で、充実したサイトでは
あるが、ブランドイメージが希薄な事。
*2012年6月20日現在も、リニューアル前です。

2)「プリーツ工房OGAWA」というブランドなのですが、
ファッションブランドとしては、華やかさとファッション
性に少々かけている事。

3)販売ターゲットが、「熟年層のふくよかな女性」だった為
特異性はあるが、今後マーケットが広がらない事が予測さ
れる事。

大きくは、この3点でした。

そこで、下記写真のような、他社事例のWebマップをお見せし
現在のWeb上で、本来の目的である「販売」を実行する為には
どの情報が、必要で、どの情報を隠しても良いのかを、
ご判断頂く事を、経営者様に出させて頂きました。

つまりは、1)の整理を、経営者ご本人にやって頂いたのです。

branding16

*写真は、弊社がWebの打ち合わせ時に書く、リンクマップです。

3週間後、小川様の方から、Webのページリンクが上がって
来ましたので、次の問題に入りました。

3)のターゲット層です。

同時進行で、「モテ色ボレロ」という企画が進行しているとの
事で、そのモデルに美魔女の坂村かおるさんに、モデルを
お願いして、新しく撮影をするとこ事。

そうなると、おのずとターゲット層が、今までの

「熟年層のふくよかな女性」から「アラフォー・アラサー女性」に
変わります。

そこで小川様に、新しいブランドイメージとして、
新しいブランドマークを、Webリニューアルの前に
創る事をお勧めしました。

つまりは、ブランデイングのリニューアルを先に進める事で、
上記の2)の問題を解決する事にしたのです。

5月中旬から、ブランドイメージのデザインに入りましたが
プリーツの工房という事、ほぼ個人経営で、デザインと制作
プロデュースは、小川タカコ様個人でやってらっしゃるという事。

この背景から、小川様個人の個性が、色づく出るもので
ファッションブランドである事が、一目で解るもの

そして、最高級のプリーツ色人でもあられるので
ブランドの目印となるモチーフ探しに苦労しましたが

ファッションに係る人には、最も関わりが強い
「トルソー」を、モチーフとする事で、一目でファッションブランド
と解るブランドマークに仕上がりました。

branding15

*写真は新ブランドの製品タグ

今回は、ブランデイング第1期の修了で
お名刺、製品タグ、Facebook個人ページのタイムラインの
リニューアルまで修了しました。

この後第2期の、Webの販売ページとアメブロのカスタマイズの
デザインに入ります。

アップは、もう暫く先になりそうですが、ここまで修了して
ブランデイングデザインの全過程が修了となります。

小川プリーツ工房
http://oh-p.or.tv/ (*リニュ=アル前です)
小川タカコFacebook個人ページ
http://www.facebook.com/takakoPP
日本初、輝くあなたの華をさかせるプリーツ職人
http://www.facebook.com/pleats.bijin