あなたのブランドを急速に拡散させるには

2020年から始まったコロナ騒動・・・けっこう翻弄させられてますよね^^;
まあ〜こんなことを思い出しまして・・・

ミッションインポッシブルⅡという映画を観た方は結構多いと思います。

あれ?Ⅲでしたっけ?

まあ、どちらでもよいのです。

私が言及したいのは、キメラウィルスを扱った巻です。

似たようなストーリーを持った映画はたくさんありますが、まあ、実はこの映画の中にタイトルについての答えが描かれておるのです。

ここまで言えば、勘の良い人は、「あっ、聞いたことがある」とぴーーんと来ると思うのですが、性格的にまっすぐな人はこういうお話は、鼻からシャットアウトだと思いますよ。

このセオリーは結構な人が一度は必ず聞いているのですが、結構エグイので、拒絶されやすいセオリーです。


口コミされるのは、どんなネタ?

これからお話することは、かなりあなたの感情を逆なでするかもしれません。

人間のネガティブな面のお話になるので、そういうことは「ダメ」な方は、これから先の記事はスルーした方が宜しいかもしれません。

まあ、ここはブログなので、あまり踏み込んだダークなことは控えるので、それほどショックは内容には精一杯文章をオブラートしますので。

世はユーチューバー全盛へ!

若者たちはカリスマユーチューバーになりたい!という人が加速度的に増えていますね。

将来像が見えにくいAI社会に向かって驀進中。ネットの影響は方々に侵攻している中、とういう情報が徐々に増えてきている中、その影響はこんな風に変化をもたらしています。まず、銀行はATMをコンビニにまかせ、支店統廃合し、これから銀行員大リストラが始まる。トヨタも電気自動車化の影響で、エンジン不要に。この部門に滞留する労働者の大リストラが予想されている。ヒューマンビジネスの星、ホテル業界も「変なホテル」化が侵攻中(興味ある方は調べてみるとよろしいかと)。ブルーカラー系は人手不足で外国人労働者比率が年々増加。

きれいに楽して稼げる系=ユーチューバーってことが若い人たちに加速度的に浸透し、私の将来予測は、そう・・・一億総マーケティング時代へ・・・と日々進んでいるんだと思います。

それが証拠に、マーケティングカリスマと称す方々が、あちゃこちゃで眉唾セミナーを開催し、拍手喝采されてる!と自画自賛広告のなんと多い事!!!減少するどころか、ニワカマーケッター講座が増えています。

このブームの走りであるFacebookの上陸当初は、その情報拡散の本質より、Facebook自体が持っている分かりにくい情報拡散機能の解説講座でありました。・・・が・・・こういう講座が飽和してくると、やっぱり原点回帰してくるのですね。

結局、マーケティングの秘密兵器の謎が明らかになってしまえば、原点のコピーワーク、デザインワーク、そして「ストーリーワーク」・・・・つまり「コンテンツ力」の勝負!!になってしまうのです。

コンテンツ力とは?

それでは「コンテンツ力」とは何でしょう?

一言で言えば、「一瞬で心を捉える」・・・です。・・・には色々なものがあることは容易に想像できますね。それは人間の五感を通じて脳に信号として送られるもの、つまり、文章、キャッチコピー、画像、映像

などの形です。これを作るのはまさに製作者の才能に依存するのであり、ここの能力が来るべき一億層マーケティング時代で生き残る人に求められる、第一義的才能です。

そー、才能がなければ来るべき時代は生き残れないのです。

だーかーらー、今巷で流行っているマーケティング塾や講座が型通りのことしか教えられないのです。

何故ってー、それはそーいう塾や講座では、才能の磨き方を教えられんからでーーーす。

じゃ、才能を磨くにはどーすれば良いのか?

さて、いよいよ絞めの部分にー。

1.あなたが美人ならーーー美に磨きをかける

冗談ぽい?いやいや美人はそれだけで立派な一つのコンテンツです。

ただ美人はあっちゃこっちゃいるので、どーゆー美人を目指すのか、そこんとこを考えて、せっせと頑張るのです。

2.コンテンツの型を身に着ける

さーて、1は少し冗談ぽかったですが、ここからですよー。

つい最近発見したのですが、いろんなSNSに人気度合い指数がありますね。Facebookなら友達数が手っ取り早い指数。YouTubeには再生回数が表示されています。チャンネル登録数もそーです。

それで、私が最近発見したのですが、このYouTubeでひじょーに高い再生回数を示している、ある特定カテゴリがありました。

実はこのカテゴリのコンテンツがぼーだいで、この塊があまりにも面白く、泣いたり笑ったりと夜も寝ずに連続3日も見続けてました。

おかげで極端に視力が低下、つーか、乱視が急に進行し、今やメガネをかけても下界がゆがんで見える状態にー!

各コンテンツが軒並み20万再生を達成しているチャンネルが存在するのだ!

1チャンネルにぶら下げているコンテンツ数が仮に10あるとすれば、このチャンネルは200万再生を達成していることになります。

そこから反応率を1%とすれば、2万再生が広告収入となっている計算!!

で、収入はというと、まあ、それは設定された広告料単価やパフォーマンスにも依存するわけだが、一再生0.1円として2千円となるわけですな。

あくまでも計算上ですよ!短絡的な方は要注意!

世のユーチューバーの99.99999----%は飯が食えない人が殆どなのに、ここのチャンネルにコンテンツを上げてる人は簡単にタバコ銭程度を瞬時に稼いでおるのです。

さて、秘密の一端とはー、なんでしょー。

事細かくは、これからセミナー等でお話するよてーなので、・・・

一つだけ。

ストーリーを組み立てる上でのテンプレが存在するのです。

さて、みなさん!

私がこれまでブランドストーリー戦略についてこれまで述べてきたことをご覧でない方は、まずはそちらをご参照くださいませ。

きわめてシンプルなテンプレなのですが、こればバラエティに富んだ、泣き笑い必至のコンテンツを生み出しているのですー。

それは

ヒロインvs悪役の設定ですー!

さて、タイトル下のミッションインポッシブルのとこに戻りますー。

みなさん、お医者さんはなぜこの世に存在するのかを考えたことがありますか?

なぜ、お薬やさんが全国津々浦々にあるのか?

なぜ保険屋さんがあるのか?

はたまた、宮迫事件で何故反社会勢力に会場を貸したホテルは非難の矢面に立たないでいられるのか?

何故、弁護士がいるのか?

なぜ、けーさつがあるのか?

きりがないほど疑問をリストすることができるのは、何故でしょーーー!

分かった人はコメント欄に書いてみていいですよー。

そーなんです!正義の味方vs悪役ヒロインの構図です

キメラウィルスは何のために存在したのか?あの映画には答えがありましたねー。

そーです。

キメラの血清を売るためですーーー!

これはパソコンウィルスソフトが売れるための前提条件と同じですねー

つまり、このぎょーかいには裏側に悪をばらまくための生産業界がアングラにあるのですよ。

これがあなたのストーリーから欠落しているのでーす!

まずは例をドゾー!ご感想ありましたらコメント欄にお願いします。

ご注意お願いしたいのは、このコンテンツについての感想はご遠慮くださいね!

コラムのテーマである「正義の味方vs悪役ヒロインの構図」とどういうテンプレなのだろうか?ということに沿った内容でお願いします。動画終了時に類似のコンテンツが表示されるので、いくつかのコンテンツを比較しながら感じた事を書いていただいてもいいですよ。

うんちゃら、ここで書くより、メンタリストのダイゴ君が今回の吉本・宮迫事件をネタに話していますので、こちらをドゾー!

————————————————————————————————-
ニュースレターのご登録は下記から▼

セミナーのご案内、オンライン講座の開講などのお知らせはニュースレター先行で行っています。

ご登録の方には 「成功する起業家が持っている24の資質 vol.1」、「ブランディングの基礎と定義 + ブランディングの手順 ワークシートPDF」 、「あなたのビジネスは成熟していますか?チェックリスト」を無料プレゼント。
https://tamamitakahashi.com/newsletter/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP